2018年7月27日金曜日

小中学校のエアコン

ここのところの猛暑でにわかに「小中学校のエアコン導入」が話題となってきた。
日進市は昨年度すでにすべての小中学校にエアコンは導入済み。(国の補助金を利用しての設置)
あとは、28度という根拠のない温度を保つことなく、その機能を発揮させることを願います。
いずれにしましても、エアコンの件といい、スマートインター、道の駅の件といい、国と県と市が保守一本でつながっていることの重要性がここにきて痛感しております。
あまりの暑さで蚊もいません。

2018年6月11日月曜日

六次産業化に対応

一般質問にて、新商品の開発と六次産業化に行政が支援して行くとの回答を頂戴しました。
市執行部も「道の駅ができても売るものが無い」という一朝一夕にできないことを杞憂していたようで、ただいま同じ方向を向いております。
写真は日進のお米を使ったチャーハンです。

2018年3月10日土曜日

平成30年度当初予算に対して要望書を提出しました

自民党日進市支部として日進市に対して出していた平成30年度当初予算への要望への回答がありました。
下記にご案内いたします。

要望【幹線、補助幹線道路の整備と都市計画道路の早期着工】
回答
■野方三ツ池公園線(測量設計委託 18,000千円)
■黒笹三本木線(工事請負費他 119,000千円)
■藤島一号線(工事請負費他 38,200千円)
都市基盤道路(日進中央線、名古屋瀬戸道路、名古屋豊田線)は愛知県の事業であるため平成29年度同様、早期着工を県に対して要望して行く。

要望【道の駅候補地に十分な土地確保と開駅に向けた予算編成】
回答
■道の駅(委託料他 32,490千円) 

要望【スマートIC連結許可、開通に向けた諸条件整備】
回答
■スマートIC(委託料 40,533千円)

要望【市内区画整理事業への適切な支援と指導】
回答
■赤池箕の手(146,250千円)
■香久山西部(30,000千円)
■仮称北部(7,593千円)
■仮称折戸西部(11,799千円)

要望【公共下水道の市内全域への早期整備】
回答
■下水道管渠整備事業(792,956千円)

要望【赤池大型店舗の開店に伴う交通実態調査と緩和策の早急な追加実施】
回答
■開店後、渋滞箇所については警察に信号サイクルの調整を行ってもらっている。

要望【くるりんバスと近隣市町のコミュニティバスとの連絡強化による渋滞緩和】
回答
■尾三地区公共交通推進調査事業負担金(500千円)

要望【交差点改良の推進及び生活道路への迂回交通防止策の徹底】
回答
■カラー舗装工事(12,000千円)

要望【歩道、自転車道整備と矢羽型路面表示導入等による歩行者の安全対策強化】
回答
赤池駅前線整備事業(31,000千円)

要望【カーブミラー、カラー舗装、ガードレール等交通安全施設の充実】
回答
■交通安全施設設置及び補修工事(8,000千円)

要望【自動運転自動車研究への積極的協力】
回答
■引き続き観光に視点をおいた自動走行の実験を進めていく。
将来的には翻字の交通施策として高齢者などの交通弱者への支援や通勤通学支援での利用の検討につなげていきたい。
愛知県や交通事業者などの関係機関と連携し、自動走行の研究を進めて行く。

要望【公共交通機関と道路整備が一体となった地域交通計画の策定】
回答
■策定済みのため予算措置無し

要望【地域防犯組織の拡充と活動支援、防犯環境整備の充実】
回答
■防犯用品購入費(1,341千円)
■防犯灯設置工事(5,000千円)

要望【青色パトロール、地域防犯組織等、監視協力者拡大支援】
回答
■警察OBの雇人費(7,672千円)

要望【主要幹線道路および住宅地域への防犯カメラ設置増設の推進】
回答
■主要幹線防犯カメラ使用料(1,002千円)

要望【交番設置に向けた問題意識高揚への取組と関係機関への働きかけ強化】
回答
■日進市北部地区および長久手南部地区への交番設置要望を長久手市とともに実施している。

要望【東海・東南海自身に対応した防災、減災対策の強化】
回答
■地域防災組織支援事業(3,544千円)
■建築物耐震化促進事業(23,681千円)

要望【ゲリラ豪雨等への雨水処理対策の徹底と天白川および水路等の浚渫の推進】
回答
■河川排水路維持管理費(38,000千円)

要望【女性を含めた日進市消防団員の増強】
回答
■条例改正等による女性や学生の消防団への加入の検討や従業員の消防団の入団について企業への協力依頼を行う。


要望【優良企業の誘致による財政安定化と新規雇用創出対策】
回答
■企業立地推進事業委託料(5,638千円)

要望【起業家支援と市特産品・地域ブランド等の開発支援】
回答
■商工会活動補助金(18,603千円)

要望【地元商工業者の経済活動を支える施策の継続と充実】
回答
■商工会活動補助金(18,603千円)

要望【稲作農業の体質強化対策支援と良質米の生産コスト低減への協力】
回答
■産地管理施設整備補助金(20,900千円)

要望【耕作放棄地・農地再利用事業の支援と新規参入農業者の支援】
回答
■農業人材力強化総合支援事業補助金(2,250千円)

要望【市特産農産物の開発支援および畑作圃場整備事業等の支援】
回答
■農業への関心の高い市民をサポートし市民農園整備に補助を継続している。
また、新規就農支援および日進市どぶろく果実酒特区を活用した地域ブランドの開発支援などにも努めて行く。

要望【観光名所創設、クラウドファンディングの活用研究】
要望【DMO構想の推進継続】
要望【市内へのホテル等宿泊施設の誘致】
回答
■観光振興事業(10,402千円うちDMO構想推進費6,000千円含む)

要望【幼児、児童、高齢者、障碍者の地域福祉の充実】
回答
■民間保育所支援事業(61,055千円)
■施設型給付金(小規模保育事業新規分)(52,894千円)
■計画相談支援等推進事業補助金(2,400千円)
■介護予防・生活支援総合事業(介護保険特別会計)(169,421千円)
■障碍者基本計画推進事業等(2,936千円)
■包括的支援事業(介護保険特別会計)(106,361千円)

要望【予防接種・検診率を向上させた市民の健康づくり、節目がん検診の拡大】
回答
■予防接種推進事業(305,897千円)
■がん検診受診促進事業(31,243千円)

要望【健康寿命の延伸、健やかにっしん宣言を前進させた健康増進策の拡充】
回答
■健康づくり事業(4,970千円)

要望【福祉会館における設備格差の是正】
回答
■修繕予算枠該当事業分(相野山、東部、南部)(23,163千円)

要望【東部丘陵自然公園の実現による里山保全と周辺環境の整備】
回答
■東部丘陵保全事業(5,589千円)

要望【地球温暖化防止対策のさらなる推進】
回答
■にっしん省エネ倶楽部事業(4,000千円)

要望【省エネ・長期優良住宅の普及促進、環境負荷の少ない地域社会づくり】
回答
■省エネ住宅や長期優良住宅の普及促進について、低炭素建築物・長期優良住宅認定制度を市HP等で周知するなど普及促進に努める。
■地球温暖化対策機器設置費補助金(9,450千円)
■地球温暖化対策事業(2,525千円)

要望【地縁自治組織やNPO組織等への支援の充実】
回答
■区振興事業補助金(12,500千円)
■市民自治活動推進補助金(750千円)
■にぎわい交流館指定管理(20,520千円)

要望【大学推進連携による若い力の活用】
回答
■大学連携事業(550千円)

要望【市民自治意識高揚のための施策の推進】
回答
■にっしんわいわいフェスティバル開催事業(2,176千円)

要望【地域の子育て拠点機能や放課後のこども対策の充実】
回答
■にっしん子育て総合支援センター指定管理委託(28,683千円)
■子育て支援センター運営委託(16,600千円)
■放課後子ども総合プラン運営委託(93,990千円)
■民間児童クラブ補助金(91,349千円)

要望【延長保育等増大する保育ニーズへの対応】
回答
■民間保育所運営費補助金(延長保育分)(1,100千円)

要望【人口増加地域における人口予測調査の教科と学校教室数の確保】
回答
■将来人口推計等分析(1,000千円)

要望【小中既設校での設備格差、児童・生徒の教育環境格差の緩和】
回答
■校舎等改修事業(404,306千円)
■特別支援事業(89,064千円)
■学生サポーター(1,250千円)
■補助教員配置事業(82,224千円)
■要・準要保護児童・生徒事業(51,811千円)

要望【教育分野でのICT技術の利活用
回答
■PC保守等委託費(23,322千円)
■コンピュータ機器等借上料(117,218千円)

要望【文化芸能活動に携わる市民への支援】
回答
■ヤングフェスタ開催事業(763千円)
■市民美術展覧会事業(1,711千円)
■まちなかキャラリー事業(220千円)
■日進文化祭開催事業(492千円)
■生涯学習講座開催事業(10,644千円)

要望【スポーツ各種施設・設備の充実と市内利用者の優遇、利便性向上】
回答
■総合運動公園再生整備事業(79,175千円)
■スポーツセンター改修工事(553千円)

要望【民間施設・大学のさらなる有効利用の推進】
回答
■市内の民間施設である大学のグランドやプール、企業のグランドやゴルフ練習場などの活用を検討。






2017年12月11日月曜日

渋滞対策

この地域で経験したことのない渋滞が発生しています。
大型商業施設のオープンから二週間が経過してホッとしたさなかの渋滞です。
一時の事で済めばよいのですが、もともと慢性的に渋滞が問題視されている路線も含まれている以上、恒常化してしまう可能性もあると思います。
この状況の改善のために国道153号線バイパスの三車線化、計画道路名古屋豊田線の早期着手が望まれるところです。
全国的に見て【人口が増え続けるこの地域】は特殊であることをアピールしながら県と国に対して陳情活動を行ってゆきます。

2017年9月22日金曜日

28年度ふるさと納税


昨年度の日進市へのふるさと納税で日進市への歳入は79,402,000円。
ふるさと納税の返礼品の代金を差し引くと手元に残る額は約5000万円。
一方、逆に日進市から他市町への流出額は約1億4030万円。
つまり、約9000万円もの【本来予算として使えるはずだった】お金が他市町村に流出してしまったことになります。
それは行政サービスの質の低下も意味しています。
啓発と同時に名物・名産を生み出していくことが必要です。

本年末に開催される【ぐるぐるにっしんまちミル博覧会】を通して名物・名産が生まれます事を期待します。

2017年7月24日月曜日

スマートインター















 写真は東郷PAから見た愛知牧場です。

東郷PAが国によるスマートインター新規準備段階調査の対象になりました。
昨年12月12日に自民党日進市支部のメンバーが鈴木じゅんじ代議士を通して文部科学省と国土交通省に陳情を申し入れました。
また、本年は1月25日に萩野日進市長と近藤愛知県議会議員が国土交通省にスマートインター整備事業の継続的な技術支援要請を行っています。
今回、東郷PAが国によるスマートインター新規準備段階調査の対象になったことにより確実に一歩前に進みました。

国・県・市が、政権与党でつながっていることこそ地域住民に利するものと考えております。
http://www.mlit.go.jp/common/001194343.pdf

2017年7月22日土曜日

ぐるぐるNISSHINまちミル博覧会


「ぐるぐるNISSHINまちミル博覧会」H29年11/1~H30年1/7に開催が決定しました。
写真はプログラム提供パートナー説明会の様子です。
70団体近くのパートナー候補が説明会に来ているようです。多数のプログラムの登録が期待されます。
 今後は9月の下旬に博覧会パンフレットの配布とウェブページでの告知があります。
10月初旬から博覧会の各プログラムの参加予約が開始されます。(人気のプログラムは一日で予約完売となることもあるそうです。)
多くの参加者があります事、「日進の名物、ヒット商品」が生まれます事を祈念いたします。