2018年11月10日土曜日

平成30年度ふるさと納税日進市への影響額


ふるさと納税について、平成30年度(平成29年度に寄付を行った)に本来、日進市に入ってくるはずだった税額が205,055,000円。
まだ年度途中ですので、いくら日進市に入ってくるのか不明ではありますが、前年度の例を当てはめると7千万円前後。
実に一億3000万円近い金額が本来行政サービスに使えるはずだったものが消えてしまう。
一方、総務省の発表によりますと、寄付金に対して返礼品の割合(商品の金額)が3割を超えている自治体は246団体。
地場産品以外の返礼品を置いている自治体は235団体。
この結果を受けてふるさと納税制度を見直すとのこと。
ただでさえ穴のある制度だから早い時期の見直しに期待します。

0 件のコメント:

コメントを投稿